デザイナー 加藤 慶子

エスモード・ジャポン卒業後、東京で数社のアパレル企画を経て、2012年渡仏。

2016年、フリーのデザイナーとして仕事をする傍ら、甚平や半纏をベースとしたベビー・キッズのためのオリジナルブランド“Aomamé”を立ち上げる。

Aomaméについて :

ころころ小さいお豆のような赤ちゃん達を優しく包む、さやのような服ー。
そんな思いを込めて、Aomaméは2016年フランスにて始動しました。

日本の古き良きものを根底に守りつつ、フランス発テキスタイルブランド”Atelier Brunette”のプリント生地やインドの職人によるハンドブロックプリント、日本産のダブルガーゼなど、日々の生活に心地よく馴染む素材をセレクトし、全てのアイテムをパリにて製作しています。

ご希望に応じてオンラインでご覧いただける全ての商品のパーソナライズも承っております。

その他ご質問など、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。